【過去イベントレビュー】 杜の都で二度目の開催!Boost宮城大会

6/25(日)、宮城県は仙台市のCLUB SHAFTにて第24弾となる「Boost宮城大会」が開催された。

Boost第1弾として福島・宮城で2015年に初開催されてから2年ぶりとなった宮城大会。
宮城、福島、秋田、岩手など東北各県をはじめ、関東やその他の地域からも多くのビートボクサーが仙台に集結した。

今回は予選無しのシステムで、オープニング後すぐにトーナメントのバトルが開始された。
主にイベント経験の少ないプレイヤーが参加するバトルBでは、エントリー人数の約半分となる10名がBoost初参戦とフレッシュな顔ぶれが目立った。

トーナメントを勝ち進み、決勝のステージに上がったのは福島のたく舎と宮城のK。
Kのバイブス溢れるビートに対し、初戦から落ち着きも持ち合わせ的確なビートを刻んでいたたく舎が見事バトルBの栄冠を掴んだ。

経験者同士がぶつかり合うバトルAでは序盤からレベルが拮抗し延長戦が続出。上位に進出するだろうと呼び声高かったプレイヤーも一回戦、二回戦で姿を消していった。
そんな中、優勝を決めるステージに立ったのは6/10のBoost新潟大会で惜しくも準優勝に留まった地元宮城のYuichiと、急きょの参戦ながら圧倒的なオーディエンスの巻き込みを見せ勝ち進んだす○屋。
決勝戦は後攻をとったYuichiが渾身のパフォーマンスを繰り出すも結果はドローで延長戦に。その後、今度は後攻になったす○屋が序盤の勢いをそのまま感じさせる爆発的なビートを繰り出し、優勝をかっさらっていった。

これです○屋は今期Boost初参戦ながらいきなりの優勝で5000ptを獲得!!
2大会連続決勝戦で延長までもつれながら涙をのんだYuichiも、ポイント加算により累計3000ptと年間ランキングでは好位置をキープした。

バトルA、Bともに地元宮城のプレイヤーは準優勝という結果に終わったBoost宮城大会。
しかし、普段は集まる機会の少ない東北ビートボクサーが一同に会したことにより、参加したプレイヤーに良い刺激がプラスされたことは間違いないだろう。
JapanBeatboxChampionship2017東北予選の開催も8/5に控え、今後東北のビートボックスシーンがどう発展していくのか楽しみだ。

・詳細
開催日:2017.6/25(SUN)
会場:CLUB SHAFT
エントリー費 バトルA:\2,500 バトルB:\2.000
観戦: \1,500(1D)
※小学生以下は1Dのみで入場可

 

【JUDGE】
Furuche
Inaga

 

【DJ】
NANAE
あくあ

 

Boost HPは↓から
http://boostbeatbox.com/index.html