【過去イベントレビュー】2017年九州で初開催!Boost福岡大会

7/22(土)、福岡県の西新 MONOGURAMで第25弾となる「Boost福岡大会」が開催された。

昨年9月の実施に続き、今年も具体的な開催要望のオファーがあり福岡大会vol.2の開催が実現となった。
当日は地元の福岡勢はもちろん、長崎、鹿児島、熊本などの九州地方、更には中国地方や関西、関東からもエントリー者が集まり、予選開始前から会場は集結したプレヤーと観戦者の熱気で溢れていた。

今大会は経験者用のバトルA枠、初心者用のバトルB枠、1人でステージに立ちパフォーマンスを披露するショーケースコンテストの3つの枠での開催。
バトルBではイベント初参加のプレイヤーも10人以上のエントリーがあり、緊張しながらも精一杯自分のBEATBOXを表現していた。

ショーケースコンテストで優勝を勝ちとったのは福岡のSota。
予選ではトップバッターながらしっかりと会場の雰囲気を掴み予選を通過。
決勝のステージでは長崎のNECOZEがメッセージ性に富んだパフォーマンスでオーディエンス票を取ったが、落ち着いたステージングと確かなビートで空気を一掃したSotaが逆転勝ちで優勝を飾った。

バトルBでは長崎から乗り込んできたELEGYが優勝に輝いた。
独特の世界観を纏ったビートで予選から大きな存在感を発揮。
本戦以降も「HUMAN」の色が感じられるBEATBOXを披露し、見事バトルBの頂点に登りつめた。

注目のバトルAは、昨年のBoost福岡で準優勝に終わったSHiNJiが栄冠を掴んだ。
決勝では当日エントリーながら破竹の勢いで勝ち進んだkazukichiと対戦。
コンセプトが分かりやすいkazukichiの構成力も高評価を得たが、SHiNJiの群を抜いたスキルに会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。
ジャッジは満票でSHiNJiに挙がり、SHiNJiは昨年惜しくも逃したバトルA優勝の称号を手に入れた。

 

Boostでは今期からポイント制度を取り、各大会の成績に応じてポイントが加算されていくシステムを導入。
今回の福岡大会でも各優勝者はもちろん、予選を通過したプレイヤーにもポイントが付与されている。

年間ランキング30位以内に入ればチャンピオン大会出場権利を獲得し、チャンピオン大会の優勝者は次回のチャンピオン大会の開催地域を選択できるのが大きな特徴だ。
九州地方ではまだまだBEATBOXのイベントが少ないこともあり、全国大会の開催をレペゼン地域で狙う等、これからもシーンの盛り上げを期待していきたい。

 

開催日:2017.7/22(SAT)
会場:MONOGRAM
エントリー費 バトルA:¥2,500 バトルB:¥2,000 ショーケースコンテスト:¥2,000
観戦: ¥1,500(1D)
※小学生以下は1Dのみで入場可

【JUDGE】
SiM
large-K

【MC】
博多っ子カズくん
Yu_yaN

Boost HPは↓から
http://boostbeatbox.com/index.html