【過去イベントレビュー】北海道で3都市目の開催! Boost札幌大会


9/16(土)札幌市のXENONで第27弾となる「Boost札幌大会」が行われた。


2016年7月に函館・旭川で開催され、今回の札幌大会で北海道では3都市目の開催という運びとなった。
8/26にはJapan Beatbox Championship2017の北海道予選が行われたばかりということもあり、まだその興奮冷めやらぬプレイヤーと観戦者が会場に駆けつけた。

今回のBoost札幌では経験者用のバトルAと、初心者用のバトルBの2つのコンテンツが実施された。
まずバトルB部門で頂点を制したのはKIRiNO。
決勝戦では、はるばる関東から乗り込んできた0kogeと激突。縦横無尽に動き回る0kogeのステージングも魅力的だったが、引き出しの多さと地の利を生かした戦いを見せ、KIRiNOが念願の優勝を勝ち獲った。

そしてこの日一番の盛り上がりを見せたのはバトルA決勝、Fuga vs HIROの一戦。
「Rofu」というタッグチームを組んでいる2人は、8/26のJBC2017北海道予選BEST4でも対峙した。
会場を巻き込みながら自身の世界観を形成するFugaと、安定した音質で説得力あるビートを生み出すHIROのまるで異種格闘技戦のような戦いとなった。
甲乙付け難い試合はジャッジ2名がドロー判定を出し延長戦へ。勝敗が決まる最後の1本は、平常心を失わなかったHIROが僅差でFugaを上回り、Boost札幌王者の称号を手に入れた。

この結果、来年北海道で開催予定のチャンピオン大会へ、HIROは出場権利取得圏内に。KIRiNOも十分その資格を手にできる位置までポイントランキングの順位を上げた。
チャンピオン大会では全国から北海道に集まってくるビートボクサーに、地元勢の勢いを見せつけてほしいところだ。

大会内ではバトルコンテンツの他、JBC2016ソロ部門チャンピオンのTATSUAKIがGUEST LIVEを行うなど見所の詰まったイベントとなった。
予選通過発表時には、プレイヤーの名前が呼ばれる度に大きな歓声が湧き、終始雰囲気の良さも感じることができた。
プレイヤーの数、実力ともに北海道のビートボックスシーンは全国から高い注目を集めている。今後も地元プレイヤーを中心に、更なる発展が期待できる大会となった。

開催日:2017.9/16(SAT)
会場:札幌XENON
エントリー費 バトルA:¥2,500 バトルB:¥2,000
観戦: ¥1,500(1D)
※小学生以下は1Dのみで入場可

 

【JUDGE】
Beaty-h.n.k
SHOW-GO

 

Boost HPは↓から
http://boostbeatbox.com/index.html