【過去イベントレビュー】JBC2017東京二次予選

11/4(土)、東京は渋谷VUENOSで決勝大会へ進出するプレイヤーを決める東京二次予選が開催された。


これまで地方予選で優勝を勝ちとり、既に決勝大会への切符を掴んだのは以下の7名。

関東予選優勝者:TABERUNA
中部予選優勝者:momimaru
東北予選優勝者:Ettoman
北海道予選優勝者:Beaty
九州予選優勝者:BATACO
関西予選優勝者:KAJI
沖縄予選優勝者:DUB-OX

東京二次予選では上記の7名に加えソロ部門で8名、キッズ部門4名、タッグ部門4組の決勝大会進出者を選出。
まだ決勝大会行きが決まっていないプレイヤーにとっては重要な大会となった。
ソロ部門では各地方予選BEST4以上に残ったプレイヤーと、JBC2016で決勝大会BEST8以上の成績を収めたファイナリストのみにエントリー権利が与えられた。

そしてこの日また一つ、ビートボックスシーンに新たな歴史が刻まれた。
中学生以下限定のキッズバトルは世界でも類をみない部門であり、JBCでは今年からその先駆けとして正式に開催枠を導入。
初開催にも関わらず全国から約30名のキッズビートボクサーが集結し、最年少は8歳の小学2年生からもエントリーがあった。

14時からタッグ、キッズ、ソロの順番で予選会はスタート。序盤からハイレベルなパフォーマンスが続出した。
どのプレイヤーが決勝大会のステージに立ってもおかしくない程レベルは拮抗し、一発目のタッグ部門から会場は大きな盛り上がりを見せた。
また、キッズ部門では一次審査で8名が二次審査へピックアップされる予定だったが、審査は難航を極め、一次審査通過者を8名から10名に増やす緊急処置がなされた。

激闘の予選をくぐり抜け、見事決勝大会ファイナリスト入りが決まったプレイヤーは以下の通り。

▼ソロ部門
HIRO (北海道予選通過)
よこまろ (沖縄予選通過)
DAISAKU (関西予選通過)
油揚げ (中部予選通過)
りき (JBC2016ファイリナリスト)
やっち (九州予選通過)
MiZ (JBC2016ファイリナリスト)
T2 (中部予選通過)

▼キッズ部門
あきっちー
soLa
DORE
BEE

▼タッグ部門
Rhythmination
Rofu
Sound Asklepios
Sound of sony

※順不同

 

東京二次予選のダイジェスト映像はこちらから
https://freshlive.tv/japanbeatbox/171262

 

開催日:2017.11/4(SAT)
会場:渋谷VUENOS
住所:東京都渋谷区道玄坂2-21-7
予選受付 13:00
予選開始 14:00
エントリー費:¥3,500
観戦:¥2500(1D込)
※チケットは当日券のみ

【JUDGE】
AFRA
TATSUYA

【DJ】
RIKE
マザーファッ子

【MC】
SWAT