大学生3on3チャンピオンはTeam ICU!【過去イベントレビュー】ONEZスピンオフイベント

4/28(土)、高円寺HIGHでモテワンコンテスト「ONEZ」スピンオフイベントが開催された。
ONEZは昨年から正式にモテワンコンテスト内で開催が始まった大会で、昨年の大反響を受けONEZ単独での大会を行われる運びとなった。
既に始まっているモテワンコンテスト2018とはまた別の企画ということもあり、大学生限定3on3バトルや、普段からビートボックスのレッスンに通っている生徒さんによる発表会など新たな試みが多く行われた。
JUDGEの椅子にはHIRONAとReo Matsumotoが座り、GUEST LIVEの時間には約250名のお客さんの前で圧巻のパフォーマンスを見せた。

-初代大学生チャンピオンは?小学生プレイヤーも健闘!
大学生コンテンツを盛り上げようという企画で、ビートボックスシーンとしては初となる大学生限定3on3バトルが実施された。
今回は大学生・大学院生であれば、同じ大学内ではなくてもチーム編成、参加がOK。
3人それぞれが役割分担をきっちり決めてパフォーマンスをするチームや、時にはチームの中の1人だけが前に出てパフォーマンスを披露するなど、様々なバリエーションの戦いを見せてくれた。

初代大学生チームチャンピオンの座をかけて決勝のステージに上がったのは、衣装を揃えて予選からお客さんを盛り上げ続けたHAKuと、息のあったチームパフォーマンスを見せたTeam ICU。
お客さんにハンズアップを求めるなどHAKuは会場全体を使ったステージングを見せたが、Team ICUが2本目でHAKuへのアンサービートを炸裂させ、見事Team ICUが優勝の座を勝ちとった!!

バトルコンテンツの他にもレッスンに通う生徒さん達による発表会の場も設けられた。
今回は神奈川の青葉台でレッスンを受け持つYOUBOXの生徒がナンバーを披露。

小学生を中心に構成された若いチームだったが、堂々のパフォーマンスを見せてくれた。
また、キッズを代表してJBC初代キッズチャンピオンのあきっちーによるチャンピオンLIVEも行われた。

普段とは色の違うビートボックスイベントに詰めかけたお客さんからは、常に大きな声援が飛び交っていた。
初のONEZスピンオフとなる催しは、大盛況のうちに幕を閉じた。

 

モテワンコンテストは今年も正式にOENZの開催が決定。
既にエントリーと一般投票の受付が始まり、6月いっぱいまでの投票結果で7/7に行われる準決勝へ進む20名が決定する。
準決勝では更に決勝へ進出する4名が絞られ、8/4の決勝大会優勝者には賞金111万が贈呈される運びとなっている。

モテワンコンテストの詳細はこちらから
https://mote1.jp/

 

開催日:2018.4/28(SAT)
会場:高円寺HIGH
エントリー費 3on3バトル:¥6,000
観戦: ¥3,000(1D)

【JUDGE】
HIRONA
Reo Matsumoto

【WINNER】
Team ICU