John-T、すだちが優勝!【過去イベントレビュー】Boost千葉大会

5/19(土)、千葉県では実に3度となる、Boost千葉大会が開催された。
第一回は新松戸、二回目は船橋、そして今回は千葉市で大会が行われ、県内のプレイヤーを中心に60名を超えるエントリーが集まった。
この日が初めての大会参加になったプレイヤーも多く、普段は動画の中で見ていたビートボクサーのステージを見て応援したり、歳の近いプレイヤーと交流を深めたりなど会場内は常に活気で賑わっていた。

 -初参戦で駆け上がった頂点!
初心者用に設けられたバトルB枠でも甲乙付け難い試合が多く見られた。
特に今大会は、勝ち上がったプレイヤーは総じて単音の正確さやリズムキープなど、基礎の部分をしっかり心がけている印象を受けたのが特徴的だった。

予選とBEST8の試合を勝ち抜き、バトルB決勝のステージに立ったのはすだちとあまちゃん。
あまちゃんは重低音の利いたビートから観客にハンズアップを求め会場の雰囲気を掴んだが、対するすだちもハンズアップで対抗し、すぐさまアンサービートを提示した。
すだちは予選から安定感を保ち、ベースを活かしたビートメイクのセンスが光った。
どちらに流れが傾くかわからない難しい試合となったが、優勝決定の瞬間に手が挙がったのはすだち!!
Boost初エントリーのすだちが、その記念すべき大会で華々しいデビューを飾った。

 -決勝は千葉vs千葉!延長戦を制したのは?!
バトルAの決勝戦は、この日のラストバトルを飾るに相応しい名バトルとなった。
40名以上のエントリー者を撥ねのけ、決勝まで駒を進めたのは両者とも地元千葉から参戦したShinoとJohn-T。
最終戦は先攻のShinoが放った攻撃的なルーティーンに対し、John-Tは敢えて落ち着いたビートを選択し、一気に空気を自陣に引き込んだ。
このままJohn-Tの空気かとも思ったが、Shinoは「決勝で落ち着いてどうすんの」と一蹴し再びアテンションを獲得。正に一進一退の攻防となった。
オーディエンス票も見事に割れ、勝敗の行方は延長戦へ。30秒1本のみの戦いはお互い渾身のビートを炸裂させ、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。
ジャッジも頭を抱える内容となったが、1票の差でShinoを上回り、優勝の座に輝いたのはJohn-T!!
最後まで熱戦を繰り広げてくれた両者に、リスペクトの熱い歓声が最後まで送られていた。

 

今大会では惜しくもBEST8には上がれなかったものの、予選から気持ちの入ったパフォーマンスが多く見られた。
予選を通過できず悔しさで涙を浮かべるプレイヤーや、初エントリーながらいきなりバトルAに参戦し、次回もまたバトルAに挑戦したいと意気込むプレイヤーもいた。
今回参加したプレイヤー、そして運営に携わったスタッフがこれからどのような形で活躍していくのか、シーンの成長と共に期待していきたい。

 

開催日:2018.5/19(SAT)
会場:Loom Lounge
エントリー費 バトルA:¥2,500 バトルB:¥2,000
観戦: ¥1,500(1D)
※小学生以下は1Dのみで入場可

【JUDGE】
MASAHIRO
JAY

【WINNER】
バトルA:John-T
バトルB:すだち

Boost HPは↓から
http://boostbeatbox.com/index.html