【福祉活動レポート】高知県のキッズバリアフリーフェスティバルに参加

11月17日、高知県の社会福祉協議会が毎年主催している「キッズバリアフリーフェスティバル」に、高知出身のヒューマンビートボクサーKE☆Nがヒューマンビートボックスのセミナー講師として参加しました。

キッズバリアフリーフェスティバルとは、障がい児及びそのご家族を対象とし相談や福祉用具展示等を通じ、今後の可能性を伸ばすための支援を行うとともに、家族や医療、福祉、教育関係者等が今後の障害児の豊かな成長のために、学びや交流の場を設けることを目的に年に一度開催されているイベントです。

参加者は障がい児、そのご家族を含めて22名。
セミナー内容は、
・KE☆Nによるヒューマンビートボックスのパフォーマンス
・ヒューマンビートボックスレクチャー
・ビートボックスを交えた生バンド演奏etc…

参加された方々は終始食い入るような姿勢で講師のレクチャーを聞き入り、マイクを実際に触って音の出し方を工夫してみたり、中には始めてすぐに音が鳴り始める子もいました。
親子で顔を向かい合わせて音を出す練習をしたり、あっという間の一時間だったように感じました。

終了後に実施したアンケートの中には
・子どもがとても集中して観ていた。また観たい。
・家族でやって、朝から笑顔の一日にしたい。
・楽しんで音を出したい。
・口だけでいつでもどこでも楽しめる。凄い。
という声をいただきました。

終了後も講師のもとにかけ寄ってビートボックスを披露する子たちもおり、熱が冷めやらない様子が見られました。
このような活動は四国初高知初の試みでしたが、楽器を使わず誰でも音を奏でられるビートボックスの魅力を再び感じ取ることができた貴重な体験となりました。

イベント名:第八回キッズバリアフリーフェスティバル
日時:2018/11/17(土) 15:30~16:30
開催場所:高知県立ふくし交流プラザ
講師:KE☆N