JBC2019地方予選の詳細について

Japan Beatbox Championship 2019
ソロバトルで決勝大会へ進出する16名のうち、12名を西日本予選・東日本予選で選出いたします。
ルール・詳細は下記をご確認ください。

■参加条件
日本国籍、または短期滞在VISA以外で日本VISAを取得している方であれば性別・年齢を問わず出場可能。
※日本国籍をお持ちでない方は、jbc2019@japanbeatbox.com までお問合せください。

■選考形式
1次審査→ショーケース形式、2次審査→1on1バトル形式、ファイナリスト選考審査→1on1バトル

■選出人数
西日本予選:6名
東日本予選:6名

■大会日程
西日本予選:8/10(土) 予選受付:13:30 CLOSE:21:00(予定)
東日本予選:9/28(土) 予選受付:12:30 CLOSE:21:00(予定)

■審査員
AFRA / 妖怪うらに洗い / TATSUYA / HIRONA / KAIRI の5名から、各予選大会4名が担当

■持ち時間
1次審査→60秒
2次審査/ファイナリスト選考審査→60秒/60秒

■エントリー費
4000円

■選考の仕組み
1次審査→最大100名のエントリーを、半数になるようブロックを2つに分け、ジャッジ2名ずつがそれぞれのブロックのを審査。各ブロックから12名ずつ、計24名を選出
2次審査→24名から12名を選出
ファイナリスト最終審査→選ばれた12名が6ブロックに分かれ、ブロックごとの優勝者を決めます。各ブロック6名の勝者が、12/28決勝大会へ進出します。
※2次審査で12名をピックアップする際、上位6名は、ファイナリスト選考審査で同じブロックに入らないよう振り分けられるアドバンテージが与えられます

例)
西日本予選で80名のエントリーがあった場合、まず一次予選のブロックを、Aブロック40名、Bブロック40名で2つに分けます。
Aブロック40名の一次予選審査をジャッジ①②が担当。Bブロック40名の一次予選審査をジャッジ③④が担当し、それぞれのブロックから一次予選通過者をそれぞれ12名、計24名選出します。
一次予選を通過した24名でバトル形式の二次予選を行います。この時審査員は4名全員で、二次審査12試合を審査します。
二次審査では12名がファイナリスト選考審査へ通過します。この時、通過した12名の中から、審査得点が高かった上位6名を選出しておきます。
ファイナリスト選考審査では、通過した12名が6ブロックに分かれ、バトルを行います。ここで先ほど二次審査で得点の高かった上位6名は、それぞれのブロックに被ることなく配置されるというアドバンテージを獲得しています。
残りの6名もそれぞれランダムで各ブロックに入って頂き、60秒2本ずつのバトルを行います。このバトルに勝った方が決勝大会進出への切符を手にします。

Q&A
Q:エントリー人数が95名など奇数の場合、ブロック分けはどうなりますか?
A:Aブロックに48名、Bブロックに47名など、極力人数に差が出ないようブロック分けをいたします。

Q:一次予選でAブロックから16名、Bブロックから8名など、ピックアップの人数が変動することはありますか?
A:ありません。エントリーの人数に関らず、一次審査はどちらのブロックからも12名が通過いたします。

Q:二次審査を通過した12名のうち、アドバンテージを受ける上位6名の順位は発表されますか?
A:順位は発表いたしません。二次予選通過者を発表する際に、先に上位6名を順不同で発表し、その後に残りの6名をこちらも順不同で発表いたします。