【過去イベントレビュー】北海道チャンピオンはFuga!BEATBOX BATLLE「七変化」を開催

11月24日(日)、北海道札幌市のSOUND CRUEで、北海道No.1を決めるBEATBOX BATTLE「七変化」が開催された。

今大会で5回目を迎える七変化は、過去にTATSUAKI、にも、EX-F、KanryOの4名が優勝。
5代目北海道チャンピオンの座を争い道内から、そして関東や関西など道外からだけでも10名を超えるエントリーが集まった。

JUDGE陣には4代目北海道チャンピオンのKanryO、JBC2018北海道予選・Grand Boost Championship2019優勝のYUTA、TRiFOLiUMのギターボーカル藤田 逞、北海道を拠点に全国各地で活動するシンガーソングライターの藤元 脩平の4名が集結。

バトル部門はもちろんのこと、普段のBEATBOX BATLLEでは見れないGUEST陣のライブパフォーマンスに会場は終始大きな盛り上がりを見せた。

メインコンテンツのBEATBOX BATLLEでは予選ラウンドを行い、8名が本戦に進出。

七変化のコンセプトである “パフォーマンス性を重視する”という部分にフォーカスを当て、予選ではパフォーマンス性とオリジナリティの項目で一番得点の高かったプレイヤーが、無条件で予選を突破するというルールが設けられた。

また、本戦からもJUDGEの藤田 逞と藤元 脩平の2名はパフォーマンス性に特化した審査基準で勝者に票を入れるなど、大会の趣旨に沿ったユニークなルール設定のもとバトルが行われた。

注目の決勝戦最終カードはGASHI a.k.a 鉄 vs Fuga。
関東から乗り込んできたGASHI a.k.a 鉄は、オーディエンス、そして対戦相手をも巻き込むビートメイクを見せ、七変化という大会にしっかり順応した戦いを見せた。


対するFugaも持ち前の返し技を武器に、コメディチックな要素を入れて何度も会場を沸かせた。

決勝戦2ターン目のドロップでは、「北海道優勝したーい!」とマイクを使わずに叫ぶパフォーマンスを披露し完全に会場をロック。

その”叫び”が決め手となり、見事5代目北海道チャンピオンの座を獲得したのはFuga!!
昨年の七変化では準優勝に終わっていたこともあり、今大会に懸ける想いが爆発。北海道シーンの長となった。

 

今大会は予選から決勝まで、コンセプトであるパフォーマンス性を重視したステージメイクが多く見られた。

お客さんへの手拍子やコール&レスポンス、被り物をしての登場など様々な趣向が凝らされ、BEATBOX BATLLEの新しい形を提唱した。

見どころ満載のBEATBOX BATLLE七変化は盛況のうちに終了。
新たな北海道チャンピオンとなったFugaの活躍、そして北海道BEATBOXシーンの発展にもこれから期待していきたい。

開催日:2019.11/24(SUN)
会場:SOUND CRUE
予選開始 13:30
エントリー費:¥3,500
観戦:¥2,000(1D別)

【WINNER】
Fuga

【JUDGE】
KanryO
YUTA
藤田 逞
藤元 脩平

【DJ】
DJ Zang!
MILK

【MC】
ゆーしょー