Shimo-Ren、ITK、^_^が優勝!【過去イベントレビュー】Boost記念大会

2019年6月1日(土)、千葉県は船橋市でBoost記念大会が開催された。

既に6月いっぱいで活動休止を発表していたBoostは、同年5月26日に行われた福島大会をもって通常会は終了。

これまで大会の開催は完全オファー制をとっていたが、4年間の集大成として初めて自主開催という形でイベントを開く運びとなった。

Boostはこれまで30都市、49回のイベント開催を続けたこともあり、今大会では過去の歴史が凝縮されたコンテンツが組み込まれた。

JUDGEにはNatto Takumi a.k.a おじさん、Koji、Shino、UTAの4名が並び、その他にもJo-Ws、Noa、Shimo-RenのLIVE、DJ SOSのDJタイムを取り入れるなど、出演者全員がBoostで優勝経験のあるオールスターが集結した。

バトルコンテンツはAとBに区分けされたバトルの他、公募で決定したCrewバトルの計3つを実施。

長きにわたり開催を続けてきたBoostの記念イベントに、東北から沖縄まで全国述べ80名のエントリー者が集まった。

 -異種格闘技戦を制したのは

最初にチャンピオンが決定したのはCrewバトル。
1チーム3名以上のメンバーでパフォーマンスを行うレギュレーションで、決勝にはNew Schoolerと^_^(パルクールボーイズ)がそれぞれ異なるスタイルで優勝を目指した。

New Schoolerは下馬評通りクオリティの高いステージを披露。
調和の保たれた旋律と、静と動を織り交ぜた構成力で見る者を圧倒した。

対する^_^はパフォーマンス重視で勝負を仕掛ける。

コントを思わせる会話を挟みながら、小梅太夫のモチーフや腹芸などインパクトのあるネタをチョイス。
笑いを取った後はしっかりBEATBOXでも盛り上げ所を用意し、エンターテイメントの化学反応を起こした。

Crewバトルはジャッジ4名とオーディエンス票の計5票で審査が行われ、見事優勝を勝ちとったのは^_^!!

New Schoolerの正統派Crewパフォーマンスも多くの支持を得たが、この日は^_^の勢いが頂点を奪取した。

 -最後の大会で初優勝!

続いて行われたのはバトルB決勝戦。

ITKとKNTがそのステージに上がり、ジャッジはShinoとUTAの2名が務めた。

KNTは開口一番「決勝戦盛り上がってますか」とオーディエンスを巻き込み戦う姿勢を見せる。
ドロップではハンズアップを求め、終始注目を集めたまま自身のパフォーマンスを披露した。

しかしITKは音圧の乗った刻みでその雰囲気を一蹴。
KNTに向き合ってBEATを放つと、会場からは大きな歓声が沸いた。

2ターン目の30秒ではその姿勢で攻撃を続け、優勝の瞬間手が挙がったのはITK!!

Boost最後のバトルBコンテンツで価値ある優勝を収めた。
今後Boostの開催が無くなっても、更に大きな舞台での活躍が期待される。

 -ソロバトルでリベンジ達成!!

そしてこの日のラストバトルはJAY vs Shimo-Renのカードで決勝戦が行われた。

JAYは「フリースタイル」と宣言し、ステージを広く使いならが縦横無尽のパフォーマンスを披露。
どんなBEAT構成が出てくるかわからない展開は、会場のアテンションをしっかり掴んだ。

後攻のShimo-RenはJAYとは対照的に落ち着いた入り出しでビートメイキング。

一音一音を聴かせるスタイルで観客を魅了。
“No Diggity”のサンプリングでは欲しい所で山場を作り、確実に自身のペースへ引き込んだ。

JAYのフリースタイルに対しShimo-Renも「フリースタイル」の場面を見せ、細かいBEATでもJAYに引けを取らなかった。

バトルAの審査員はNatto Takumi a.k.a おじさんとKojiの2名。

注目が集まる中、この日最後の優勝に手が挙がったのはShimo-Ren!!

CrewバトルではNew Schoolerの一員として惜しくも準優勝に終わったが、ソロバトルの舞台では見事優勝の栄冠に輝いた。

今大会はバトルコンテンツの他、ジャッジショーケースでは審査員4名のコラボレーションパフォーマンスが行われ、優勝したShimo-RenをはじめJo-Ws、Noaのライブアクトも大きな盛り上がりを見せた。

また、DJタイムにはDJ SOSが前衛的な選曲を披露するなど、全てが見どころの記念大会は大盛況のうちに終了。

これでBoostの活動は遂に6月22日のグランドチャンピオンシップを残すのみ。

4年間、計50回の開催を続けたプロジェクトが、北海道の地でその幕を下ろすことになる。

開催日:2019.6/1(SAT)
会場:船橋ROOTS
エントリー費 バトルA:¥2,500 バトルB:¥2,000 Crewバトル:一人につき¥2,000
観戦: ¥1,500(1D別)
※小学生以下は1Dのみで入場可

【JUDGE】
Natto Takumi a.k.a おじさん
Koji
Shino
UTA

【WINNER】
バトルA:Shimo-Ren
バトルB:ITK
Crewバトル:^_^

【LIVE】
Shimo-Ren
Noa
Jo-Ws

【DJ】
SOS